読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金澤流麺物語

金澤流麺らーめん南の店長南大祐の独白ブログです。こちらは営業内容やらーめんそのものとは関係のない日常的な話や、店長の趣味格好などを書いていくブログです。

金澤流麺物語 第40回

音楽はとても不思議です。
音楽は形の見えないものです。
空気の振動で伝わる
『何か』
です。

以前、クロマニヨンズ甲本ヒロト
少し興味深い発言をしていました。

「バンドなんてどこにも存在しない。
俺たちバンドやってますっつったって、
演奏してなきゃただの人じゃん。
集まって演奏する瞬間だけバンド
なんだよ」

なるほどなー、と思いました。

例えば、大好きな映画があって、
大好きなシーンがあります。
そのシーンには大好きな曲が
使われているとします。
何度も観ている映画ですから、
その場面にその曲が使われている
事は当然知っていますし、
その映画と音楽について語り合う
知識も持っています。

でも、たまたま何かの拍子に
その曲を聞いた時に沸き起こる
感情や映画のワンシーンから受けた
感動は、理屈ではなく条件反射の
様に沸いてきます。

それは知識や情報では補えない
音楽の力だと思っています。

若い頃に聴いた曲を久しぶりに
聞いた時、楽曲の良さはもちろんの
事、当時の記憶までフラッシュバック
することがありますよね。

それも音楽の力だと思っています。

ずっと音楽が好きで、
たくさんの音楽を聴いてきました。
時々、あまりにも耳が音楽を
聴く事に慣れて来て、
新鮮な感動が少なくなってきた様な
気持ちになる時があります。

それでもあるんですよね。
不意な出会いが。
今の自分の背中を押してくれる様な
音楽との出会いが。

僕はこの夏、
また新たな音楽の出会いと
音楽の力を信じたい新鮮な
気持ちとを味わいました。

前回のダイエット報告ブログでも
書きましたが、金沢に住んでからの
僕は過去の自分と対峙して前に進む、
という作業を続けています。

その中で時々考え過ぎて
過去を振り返るのが嫌になる時も
ありました。

でも、自分から変わろうとしなかったら、
何も変わりません。

だから時々休んでも、
時々自分に負けても、
また明日から前に進む力が欲しい。

そんな時にたまたまyou tube
この映像と出会いました。

https://www.youtube.com/watch?v=DBtJhMNcxfY

これが前回のブログで
一緒に撮ってもらった写真を
掲載したnao yoshiokaちゃんとの
出会いでした。

すごい温かいパワー。
make the chengeという
タイトルにもある様に、
変わりたい!というメッセージ。
そして歌声。

それらの全てが今の僕の
背中を押してくれる
様なパワーを感じて、
すぐにCDを探しに行きました。
そして10月に金沢公演がある事を
知り、すぐにチケットを取りました。

ライブは小さな会場で、
ボーカルとパーカッションと
ピアノだけのアコースティックセット。
最初は緊張からかあまり
声も出てない様に感じましたが、
曲が進むごとにどんどん歌声は
魅力的になり、その華やかなルックスと
圧倒的な実力とは裏腹に、
素朴で実直な人柄の滲みでる
MCやステージングもとても
温かいものでした。

ライブ終了後に話せるチャンスが
あったので、僕が『make the chenge』
に出会って勇気を貰った話をしたら、
飛び跳ねて喜んでくれました。

素顔はとても可愛らしい
まだ若い女の子です。
あの小柄な体のどこから
人を勇気づける力が出てくるのか?

不思議です。

でもきっとそれは、
彼女自身が音楽の力を信じている
のではないでしょうか?

例えば、飲食業の僕が
単純に利益であったり、
テクニックや知識から出る
味でのみ店を運営すると、
まったくお客様に届かないと
信じていることと近いのでは
ないでしょうか?

飲食店は美味しくて当たり前です。
そして様々なニーズに応える
努力も必要です。

でも最後は人間性だと信じてます。

僕のらーめんに熱狂的な信者の
様なお客様が着いてきてくれたのも、
多少は僕の人間性も加味されて
いたのではないかと信じています。

そしてこの金沢でまた新たな
一歩を踏み出します。

その一年目の一番最初に出会った
音楽が、nao yoshiokaでした。

ライブは「衝撃を受けた!」という
感動は僕にはありませんでしたが、
一日たって、二日たって、
あのライブを思い出すと本当に
温かい気持ちになります。

それからずーっと
nao yoshiokaばかりを
聴いています。

もっと売れてほしいな。
今度はブルーノート東京
ビルボードライブでフルバンドでの
ライブを観てみたいな。

でもどれだけ売れてもまた
今回みたいな小さな箱での
アコースティックセットも観たいな。

わがままかな(笑)

最後に自慢みたいになっちゃうけど、
もう一回載せちゃうよ。

1445844869514よしおかなおちゃんと2

なおちゃんはまっすぐ俺の目を見て
話を聞いてくれたよ。
こんな素敵でいい子、応援しないわけには
いかないよね。

どうだ、いいだろ?(なんちゃって)

トップの画像は、俺と剛が参加した
バンド『エル☆ミチェラーダjr.』の
メンバー4人で。

最高のバンドです。
ミチェラーダについても
いつか書きます。

僕は音楽の理屈を
超えた力を信じてます。