読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金澤流麺物語

金澤流麺らーめん南の店長南大祐の独白ブログです。こちらは営業内容やらーめんそのものとは関係のない日常的な話や、店長の趣味格好などを書いていくブログです。

金澤流麺物語 第179回

はぁ、一ヶ月ほどブログを放置してしまった・・・。

言い訳めいた事はいくらでも言えるのですが、言い訳はよくありませんね。

すいません、もっと更新します!

だって言いたいこといっぱいあるねんもん!

ほんまはもっと書きたいねんもん!

よし!書いたるぞー!!

前回のブログで「金澤流麺らーめん南でのらーめんは、全て定番のスープを使う」という事を書きました。

僕がイメージしているらーめん屋は『専門店である』という事です。

ひとつのお店に、今のうちのような牛骨メインの清湯スープの他に、濃厚な豚骨スープもあれば煮干し系のスープもあれば鳥パイタンスープもあれば・・・という何でも屋さん的ならーめん屋ではなく、「あの店のスープは牛骨なんだって!」とハッキリとした専門性が必要だと常に考えています。

ですから、いつかまた僕がかつて作り続けていた『豚骨スープ』を作りたくなれば、『豚骨専門店』を出したいと思います。

そこで、今回のシリーズのタイトルにもなっている『CHAOS!!!』の意味を書いてみたいと思います。

CHAOS!!!

カオス!!!

混沌!!!

こんとん、ですね。

僕はごく若い頃、一部の友人から『カオス』というある意味では意味深長な、ある意味では破れかぶれなあだ名をつけられた事があります。

その頃の僕と今の僕とではだいぶんちがう人間の様な、またはその頃から不変の人間性がある様な・・・そんな少し複雑な思い出が蘇るあだ名ですが、今回のシリーズを『CHAOS!!!』と名付ける際に「なんか俺らしいな」と思ったのも事実です。

なぜらーめんは『カオス』なのか?

その一端を覗けるかも知れないので、次回は思い出話しをしてみたいと思います(このシリーズ、糖分終わらないな・・・)