金澤流麺物語

金澤流麺らーめん南の店長南大祐の独白ブログです。こちらは営業内容やらーめんそのものとは関係のない日常的な話や、店長の趣味格好などを書いていくブログです。

金澤流麺物語 第216回

こんばんわ!
今夜も気まぐれらーめんやります!
と言ってもこのブログを読んですぐさま駆けつける!なんてお客様はいらっしゃらないでしょうから、「へー、そんなことやってんだぁ」くらいで読んでくれたら嬉しいです。

img_3572

今回の気まぐれらーめんは【グランマの思いで麺】です!
塩ラーメンをベースにニンニク&パプリカオイルを浮かべて、その上にトリッパ(ハチノス。牛の二番目の胃袋)のトマト煮込み、ハーブ類、チーズが載ります!
先日の【ガリシアへの祈りの道は希望の光麺】に引き続きチャーシューもネギも入っていない意欲作です!

イメージとしては、ローマで暮らすヤンチャ坊主のアントニオが散々外で遊んで腹ペコで家に帰ってきたら、大好きなおばあちゃんの得意料理『トリッパのトマト煮込み』の香りがふわ~っと漂ってきて、手も洗わずに食卓に座って食べようとすると父と母に怒られてしまいます。でもめげないアントニオがペロっと舌を出す仕草を見て、おばあちゃんが優しい眼差しでクスクスと笑います。

そんならーめんです!!

どんならーめんやねん!!

ども。選ぶ職業を間違えたんちゃうか、とか最近心にもないことを言われている金澤流麺らーめん南の南大祐です。
僕、ラーメン屋ですから!列記としたラーメン屋ですから!!

先日、仲よくさせていただいている皆様を集めて12月からリリース予定の新作らーめんの試食会を行いました!
img_3540
奇をてらった様ならーめんを出し続けているらーめん南ですが、今回はシンプルな一品を仕上げてみました。
その名は【EL★CRAZON】(エル・コラソン)!!
名前もいつも長い文章の様なものが多いですが、今回はシンプルに『エル・コラソン』です!
スペイン語で『ザ・魂』という意味です!
シンプルなだけに想いを込めたタイトルです!
きっとこのらーめんは塩らーめん『海の向こうの彼女はジャポネーゼ麺』と並んで金澤流麺らーめん南の代表作になります!

というのもなぜかというと、今回のらーめんには金沢大地さんの薄口醤油を使用しています。
本来でしたら、僕はこの薄口醤油をメインで使うレシピを考えていました。
そのレシピは完成間近で、僕はその味に自信も持っていました。
しかし今年四月のグランドオープンをあと二週間に控えたある日、金澤大地さんの営業担当大橋さんと取引の話を進めていく中でこの薄口醤油は夏の間の何か月間は欠品が出るという事がわかりました。
有機栽培ゆえの生産量に限界があるためです。
開店をあと二週間に控えた段階でまたゼロから味を作りなおす事になったのです。
「大丈夫でしょうか?」
と心配そうな大橋さん。
でも僕は断言しました。
「問題ありません。今からあと二週間で濃口醤油のみの味を仕上げます。秋以降に薄口醤油が入れば、その時に今度は薄口醬油のみを使ったスペシャルならーめんを作ります!」
と大橋さんに宣言。
大橋さんが素敵な女性だったから無駄に張り切った、という部分もあったのかも知れません。

そして完成したのが今までずっと定番のらーめんとして皆様に召し上がっていただいている『淡麗金澤醤油らーめん』と『濃醇金澤醤油らーめん』です。
そしてついに薄口醤油が入ってきました!
その味わいは儚いような透明感と、その透明感に反比例するかの様なふくよかな旨味。強すぎない塩気。素晴らしい醤油です!

濃口とは違った乾物で旨味を加え、醤油の透明感を活かしたタレを作り上げました。
そして今回のエル★コラソンの特徴は、なんといっても香りです。
牛脂にたっぷりと生姜の香りを付けました。
今までの淡麗よりもよりシャープな味わいと、魂の奥から温める様ならーめんが完成しました。
ずっと使いたかった醤油。
その醤油の特徴を僕なりに最大限に引き出してみました。
そしてこれから寒くなる北陸の冬を生き抜く皆様の魂から温める様ならーめん・・・・。

まさにEL★CRAZON(エル・コラソン)です!
なぜスペイン語なのかは突っ込まないでください!
ほんの思い付きですから!

早く皆様にお届けしたいです。

12月からの発売です。
終了予定はひとまず考えてませんが、薄口醬油が入らなくなるとどうしても作れなくなります。
皆様に届きますように。
どうぞよろしくお願いいたします。

試食会に参加してたくさんの意見や熱い議論を交わしてくれた

そらみち(金沢市窪のラーメン屋。心から純粋な求道者!)の青山君、神田君、さーしちゃん。
自家製麺のぼる(いわずと知れた石川県らーめん業界のトップランナー!)ののぼるさん。
池田町バルバール(最高なイタリアンバル!)の池端さん。
カーブ・ド・べレゾン(ワイン愛が半端ないワインショップ!)の本田さん。
KOTTA(野々市のスパイシーでナチュラルで個性的なカレー屋!)のコッタさん!

みなさん、本当にありがとうございました!
こうしてどんどんと尊敬と信頼で強くつながっていけたらなぁ、と思っています!
これからもよろしくお願いします!(楽しすぎて一枚も写真を撮らなかったのは秘密です)

あなたが明日も優しくありますように。
あなたが明日もあなたらしくありますように。

LOVE & BEER!

そして

RAMEN & ROLL!!