読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金澤流麺物語

金澤流麺らーめん南の店長南大祐の独白ブログです。こちらは営業内容やらーめんそのものとは関係のない日常的な話や、店長の趣味格好などを書いていくブログです。

金澤流麺物語 第178回

今回発売を開始した『濃醇金澤醤油らーめん』は、これからは定番のらーめんとして『淡麗』と並んで常にあるらーめんとして作っていきたい。

そして『夏限定 真夏のエル☆ミナミーニョ〜和え麺キシカーナ』の様な限定らーめんも少しずつチャレンジしていきたい。


限定らーめんや新作を作る上で僕が決めている事は、『必ず店のスープを使う事』という事です。

え?当たり前じゃん?と思うと思いますが、どういう事が言うと、『金澤流麺らーめん南』は牛骨をメインにした澄んだスープを作っています。

いわば、清湯系のらーめん。

その『金澤流麺らーめん南』がいきなり限定だからと『豚骨』や『鶏白湯』や『煮干し』などの全く違うスープのらーめんを別に作る事はしない、という事です。

『金澤流麺らーめん南』は牛骨メインの清湯系のらーめん屋です。

だから、そのスープをより進化させて、可能性を導き出したいと思います。

もし僕が再び『豚骨らーめん』を出したり、今は想像のつかない全く新しいらーめんを作るときは、新しいらーめん屋を出します。

1店舗に何種類もスープがある様ならーめん屋は、僕の目指すところではありません。

牛骨メインのスープをより深める、これがひとつのコンセプトでもあります。

長い長い挑戦になっていきますが、これからもどうぞよろしくお願いします。
あれ?『濃醇金澤醤油らーめん』の話ができなかった(>_<)

すいません!!

以下、次回に続きます!!