金澤流麺物語

金澤流麺らーめん南の店長南大祐の独白ブログです。こちらは営業内容やらーめんそのものとは関係のない日常的な話や、店長の趣味格好などを書いていくブログです。

金澤流麺物語 第140回

モトイが僕にくれた手紙。
「ずっと親友でありライバルでいてくれ」
この手紙からもう何年が経っただろう?

モトイはこの手紙を書いた日から
どれくらい血の滲む努力を重ねただろう?

僕はこの数年間、
自分を高める努力を重ねる事が
出来ただろうか?

正直なところ、自信がない。

振り返れば本当に大変な毎日だった。
よく体が持ったと思う。
一年半もの間、休みがないなんて
我ながら信じられない気持ちになる。
でもそれは料理人として
腕を磨くのとは全く意味が違う。
僕はひたすら輪の中を永遠に
走り続けるネズミの様に
延々と走り続けていただけだった。

毎日毎日、出口の見えないトンネルを
全力疾走している様な日々。
自分がどこに向かっているのかも
解らなかった。

僕がそんな毎日を過ごしている間、
モトイは自分の夢と目標を叶える為に
努力を惜しまなかったのだ。

もし僕に若い頃から
目的意識や
夢や
目標があれば
どれだけ良かっただろうか。

なんで僕みたいな
はみ出し者で
迷惑者で
チンピラまがいの
くだらない男が
こうして生きていけるのだろうか。

時々、
ほんの時々。
生きている事に
罪悪感を覚える夜がある。
下らない人生だ。
死んだ方が世の為だ。
僕みたいな人間が
夢を語るなんて
ふざけんじゃねぇ
本気でそう思うよ。

でも、
とんでもなく
大切な友達が
あまりにも多くって
歩みを
止めるわけには
いかないんですよね。
恩をしっかりと返したい。

僕はほんまに
恵まれている。
なんでこんな
みそっかすの
失敗だらけの
半生を歩んできた
僕を応援する人がいるのか。

本気で不思議なんだよ。

でも、
京都で生まれて
ややこしいこといっぱいあって、
回り道して
人にいっぱい迷惑かけて
それでも
こうして
もう一度スタートを切ろうとしている。

だから
何か
足跡を
刻みたい。

出来たら
人々に
希望を
そこまで言うたら
嘘臭いかなぁ。

出来たら
束の間でええから

笑顔を。

おこがましいかなぁ。

でもやっと素直になれた。

明日、
もしかしたら明日、
僕たち
死んじゃうかも知れない。

だから、
今日も
まっすぐ歩こうと思う。
どんな結果になったって。

あなたが明日も優しくありますように。
あなたが明日もあなたらしくありますように。

LOVE & BEER