金澤流麺物語

金澤流麺らーめん南の店長南大祐の独白ブログです。こちらは営業内容やらーめんそのものとは関係のない日常的な話や、店長の趣味格好などを書いていくブログです。

金澤流麺物語 第135回

そう言えば・・・以前に高校のラグビー部の後輩が
「もし九条ネギを使うなら業者を紹介します」
なんて言っていたなぁ・・・。

そんな不確かな記憶を頼りに、
その後輩に連絡をしてみました。
後輩が二つ返事でその業者を繋いでくれて、
業者からすぐに僕の元に連絡が来ました。

「こんにちは!南さん!
○○さんの紹介でお電話させていただいた重と申します}

その明るい声の主は、
京都知七という九条ネギを専門で扱う農家の社長、
重義幸(以下重君)さんだった。

IMG_1306

この貫禄のある彼こそが重君です。

彼はなんと僕の母校、洛北高校の二年下の
学年の後輩でした。
僕のラグビーの後輩いわく、
「一年生からゴールキーパーでレギュラーで、
17歳以下の日本代表にも選ばれていた」
アスリートとの事だった。

「南さんの事はよく覚えています。
というより、僕の学年で南さんの事を
知らない人はいないです。
いやぁ、インパクト強かったですから。
卒業式で○○を○○して○○しましたよね?」

という伏字にせざるを得ないエピソードを
覚えられてました・・・。

重君は30歳までは車の営業マンをしていたそうです。
そこから農業に飛び込み、今では年商1億円に達するとか。
そこまでの苦労はきっと計り知れない物が
あった事でしょう。

そして僕が感銘を受けたのは、
その実績よりも重君の心意気でした。

「僕達も料理人と同じです。
美味しいネギを作って喜ばれたい。
その一心です」

「僕は農家は稼げる!と若い人に
思ってもらえる仕組みを作りたいです」

「情報は全て開示します。
栽培方法も過程も見せます。
多少の農薬を使っている事も見せています。
でも最低限に抑えて、
農薬を使わずに済むやり方を
日々研究しています」

「天候によって出荷できない場合でも、
正直にお伝えします。
それこそが信頼関係だと思います。
しかし今まで出荷出来なかった事はありません」

「注文が入ってから畑に行って
ネギを切ります。だからめちゃくちゃ新鮮です」

その誠実な仕事への向きあい方に、
僕は彼の九条ネギを使いたいと思った。

「すぐにサンプルを送ります!」

と対応してくれた。

IMG_0907

さっそくサンプルのネギが届いた。

IMG_1165

そしてさっそく試作に九条ネギを使ってみた。

・・・抜群だ。

スープと脂の邪魔をすることなく、
味を引き締めてくれる。
そして噛めば噛むほど、
旨みが広がって・・・・

美味い!!!

この九条ネギで行く。
らーめんの一つのパーツが決定した。
その一つ『九条ネギ』を僕のルーツである
京都から取り寄せる事が出来て、
しかもその取引先は僕の母校の後輩・・・。

不思議な縁だな・・・と
少し感慨深い想いがこみ上げてきます。

僕のらーめんは、
僕の人生は、
京都から湘南を経由して金沢まで、
ずっと一本の道で貫かれているのです。

以下、次回に続く。