読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金澤流麺物語

金澤流麺らーめん南の店長南大祐の独白ブログです。こちらは営業内容やらーめんそのものとは関係のない日常的な話や、店長の趣味格好などを書いていくブログです。

金澤流麺物語 第126回

前回のブログで
「塩っけに頼らずにコクや別の
方法論で味の輪郭を作る」
という事を書きました。
これ、ご家庭でも出来るので
ぜひぜひ減塩生活のヒントにしてください。

編集20160214オニオンスープ

例えばこんな感じのオニオンスープを
作る時、なんか味が物足りないなぁ?
なんて感じた時、どうしても塩を
足したくなりませんか?
そんな時、ほんの少しお酢やワインビネガーを
加えてください。
酸味がきゅっと味を引き締めてくれて、
結果塩を減らす事が出来ます。

塩を減らす調理方法はまだまだあると思うので、
僕も生涯勉強を続けたいと思います。

僕は海辺の町で店長をしていた時、
あまりにもハードな仕事と
乱れた食事と
睡眠不足から
ずっと健康に不安を感じてました。

きっと成人病になる。
死ぬ時は心筋梗塞脳梗塞なんじゃないか。
そして、なんで僕はここまで休みなく
ほとんど眠らず働いて、
倒れないのだろう?
倒れる事が出来たら楽なのに・・・。
なんてとんでもないネガティブな
感情と思いを抱いていました。

精神的に末期ですよね。
「倒れた方が楽」とか
「死んでもおかしくない」とか
「この体力の溢れる体が恨めしい」とか
とんでもない事をずっと考えてたのです。
たまの休みにずっとお世話になってた
整骨院ラポール辻堂のヒロ君(マイルドなイケメン。
僕より一回りゴツイ男ですが、優しさの塊みたいな男です)に

「大さん、なんで毎回毎回ここまで痛むまで
うちに来ないの?普通の人なら悲鳴を上げて
倒れてるよ?」

といつも怒られるほどに体を酷使してました。

まだヒロ君ほど信頼できる整体師に
石川県で出会えてません。
ヒロ君、出張してきて!!!

そんな健康に不安を抱えていた僕は、
とにかく何か手を打たないとやばい・・・
と焦り始めました。

そこで行った事が

サプリメントを異様なほど大量に飲む

でした。

ドラッグストアに行き、
どんなサプリメントが自分に必要なのかを
調べていると・・・・
ビタミン各種、鉄分、亜鉛コエンザイム
カルニチンQ10、なんやらかんやら、
気がついたら15種類くらいのサプリメント
毎日飲んでいました。

それを見た一人のスタッフが
「大さん!ちょっと待ってください!
そんなにサプリメントを大量に飲むもんじゃ
ないですよ!!健康の前に肝臓を壊しますよ!!」
と注意してきました。

でも僕は休みもなく睡眠時間も一日に3時間くらい。
食事はオーダーの切れ目に食べるレトルトカレー
ご飯にらーめんのスープをかけただけのもの。
それらを次のオーダーが入るまでの
物の2分くらいに胃袋に流し込むのが
僕の毎日の食事だったんです。

だからそんな僕にとってサプリメント
『健康補助』ではなく
『病気にならない為のおまじない』

だったのです。

以下、次回に続きます。