金澤流麺物語

金澤流麺らーめん南の店長南大祐の独白ブログです。こちらは営業内容やらーめんそのものとは関係のない日常的な話や、店長の趣味格好などを書いていくブログです。

金澤流麺物語 第106回

僕には夢がある。

今から100年後、
僕の名前なんて誰もが
忘れてしまっている様な時代に、
僕の遺伝子を受け継いだ人達の
作るらーめんが『金沢らーめん』に
なっているという夢だ。

僕には作りたいらーめんが山ほどある。
自分の一生で成し遂げたい目標を
それこそ僕たちを見守る白山の頂の様に
高く高く掲げている。

僕は解っている。

それらの全てを叶えるには
一人では無理だってことを。

僕は最低限一人で切り盛りできる
小さな店から再起する。

でも今の時点で僕は一人じゃない。

たくさんの人の支えと応援がある。

そして、僕の夢をみんなの夢にしていくために、
これから出会う将来のスタッフの力がいる。

僕はこれから出会う将来のスタッフ達の為に
自分をもっと磨いて高める必要がある。

ナンブヘアの誇りと自信と意識と美意識の
高い素晴らしいスタッフ達。
そしてその若きスタッフ達に
夢と希望と技術を与え続ける南部さん。

いつか僕もそうなりたい・・・。

本当はこのシリーズで、
これから起こす事業の理念や
コンセプト、ビジネスモデルなんかを
具体的に書いていこうかと思いました。

でも書いているうちに、
本当に読んでくださっている
皆様に伝えたい事はそんな事じゃない、
と思う様になりました。

伝えたい事は『どんな事業をしたいか』
よりも『何に感動してどれだけドキドキしてるか』
の方が重要じゃないかと途中から思えてきました。

なぜならそれは、
今回のシリーズで度々名前を出して
書いてきたしょうこちゃんの仕事を受けて
僕自身がワクワクしたし、
僕もらーめん屋としてこんなワクワクを
お客様に届けたいと思っている事を
再確認させられたからだ。
(だからしょうこちゃん、
ほんまにありがとう)

どんなビジネスモデルか?
なんて話は僕と剛の間のミーティングでやればいい。

どんな事業をするか?
よりも僕が今どんな感情をもっているか?
を伝える事の方が重要なんじゃないか
と思えてきたんだ。

このブログの第1回の冒頭で書いた
言葉を覚えてますか?

『僕は今、失意の底にいます』

こんな言葉でこのブログは始まった。

だからみんなに伝えます!

僕は今とても幸せな気持ちです!
僕の仕事はらーめん屋さんです!
美味しいらーめんを作る事が僕の仕事です!
そしてらーめんを通じて一人でも多くの
人を笑顔にすることが僕の仕事です!

僕にはらーめんしか作れません!
僕かららーめんをとったらただの
ロクデナシのごく潰しです!

そんな僕が大好きな、
そしてこれしか出来ないらーめんで
再び再起を果たす事が出来る事が
最高に幸せです!

そしてずっとずっと支えてくれている仲間達、
僕に影響を与えてくれた全ての人達、
そしてこのブログを読んでくれている皆さん、
その全ての方々とこれからも共に
歩めることが最高に幸せです!!

またまたまるで最終回の様な文章に
なっていますが、このブログも
僕とあなたの物語もここからが
本当の始まりです。

僕は剛とのミーティングの中で
度々伝える言葉があります。

「新しい歴史の扉を開ける」

皆さんはその目撃者であり、参加者です。

次回、重大発表です!!!
(すでにSNSを通じてご存じの方も
多いとは思いますが。笑)

*

*写真は前回に引き続き、
当時のパートさんから頂いたマグカップです。
これをくれた子の言葉によると、
「このカップを発見したら、
もう大さんにしか見えなくなっちゃった」
との事でした。
感情の浮き沈みの激しい僕は常にニコニコしてるわけではありませんでしたが、
きっとこの子は僕のいい所を見てくれていたのかなぁ?
なんて今になって思います。

自分が感情に振り回されそうになったら、
このマグカップを見て自分を取り戻そうと思います。

 

 

 

 

 

 

僕には夢がある。

今から100年後、
僕の名前なんて誰もが
忘れてしまっている様な時代に、
僕の遺伝子を受け継いだ人達の
作るらーめんが『金沢らーめん』に
なっているという夢だ。

僕には作りたいらーめんが山ほどある。
自分の一生で成し遂げたい目標を
それこそ僕たちを見守る白山の頂の様に
高く高く掲げている。

僕は解っている。

それらの全てを叶えるには
一人では無理だってことを。

僕は最低限一人で切り盛りできる
小さな店から再起する。

でも今の時点で僕は一人じゃない。

たくさんの人の支えと応援がある。

そして、僕の夢をみんなの夢にしていくために、
これから出会う将来のスタッフの力がいる。

僕はこれから出会う将来のスタッフ達の為に
自分をもっと磨いて高める必要がある。

ナンブヘアの誇りと自信と意識と美意識の
高い素晴らしいスタッフ達。
そしてその若きスタッフ達に
夢と希望と技術を与え続ける南部さん。

いつか僕もそうなりたい・・・。

本当はこのシリーズで、
これから起こす事業の理念や
コンセプト、ビジネスモデルなんかを
具体的に書いていこうかと思いました。

でも書いているうちに、
本当に読んでくださっている
皆様に伝えたい事はそんな事じゃない、
と思う様になりました。

伝えたい事は『どんな事業をしたいか』
よりも『何に感動してどれだけドキドキしてるか』
の方が重要じゃないかと途中から思えてきました。

なぜならそれは、
今回のシリーズで度々名前を出して
書いてきたしょうこちゃんの仕事を受けて
僕自身がワクワクしたし、
僕もらーめん屋としてこんなワクワクを
お客様に届けたいと思っている事を
再確認させられたからだ。
(だからしょうこちゃん、
ほんまにありがとう)

どんなビジネスモデルか?
なんて話は僕と剛の間のミーティングでやればいい。

どんな事業をするか?
よりも僕が今どんな感情をもっているか?
を伝える事の方が重要なんじゃないか
と思えてきたんだ。

このブログの第1回の冒頭で書いた
言葉を覚えてますか?

『僕は今、失意の底にいます』

こんな言葉でこのブログは始まった。

だからみんなに伝えます!

僕は今とても幸せな気持ちです!
僕の仕事はらーめん屋さんです!
美味しいらーめんを作る事が僕の仕事です!
そしてらーめんを通じて一人でも多くの
人を笑顔にすることが僕の仕事です!

僕にはらーめんしか作れません!
僕かららーめんをとったらただの
ロクデナシのごく潰しです!

そんな僕が大好きな、
そしてこれしか出来ないらーめんで
再び再起を果たす事が出来る事が
最高に幸せです!

そしてずっとずっと支えてくれている仲間達、
僕に影響を与えてくれた全ての人達、
そしてこのブログを読んでくれている皆さん、
その全ての方々とこれからも共に
歩めることが最高に幸せです!!

またまたまるで最終回の様な文章に
なっていますが、このブログも
僕とあなたの物語もここからが
本当の始まりです。

僕は剛とのミーティングの中で
度々伝える言葉があります。

「新しい歴史の扉を開ける」

皆さんはその目撃者であり、参加者です。

次回、重大発表です!!!
(すでにSNSを通じてご存じの方も
多いとは思いますが。笑)

*

*写真は前回に引き続き、
当時のパートさんから頂いたマグカップです。
これをくれた子の言葉によると、
「このカップを発見したら、
もう大さんにしか見えなくなっちゃった」
との事でした。
感情の浮き沈みの激しい僕は常にニコニコしてるわけではありませんでしたが、
きっとこの子は僕のいい所を見てくれていたのかなぁ?
なんて今になって思います。

自分が感情に振り回されそうになったら、
このマグカップを見て自分を取り戻そうと思います。