金澤流麺物語

金澤流麺らーめん南の店長南大祐の独白ブログです。こちらは営業内容やらーめんそのものとは関係のない日常的な話や、店長の趣味格好などを書いていくブログです。

金澤流麺物語 第104回

僕が金沢に帰って来てから
ずっとお世話になっている
美容室のナンブヘア。
そしてそのスタイリストのしょうこちゃん。

もし別のスタイリストの方が
僕の担当だったら、
僕の髪型は全く違うもの
だったかも知れない。

スタイリストの個性によって
ヘアスタイルはきっと大きく変わるだろう。

しかしどれだけ髪型が変わったとしても、
そこに「さすがナンブヘアだな」と
お客様に思わせる確実なレベルの
品質とブランド力があれば、
スタイリストの個性は大きく
羽ばたいてもいいのだろう。

そしてそうした自分の個性を
大切にしてのびのびと働いている
スタッフがそろっている
Nanbu-WESTは店として
とても魅力的だ。

だから思う。
「僕も目一杯自分らしいらーめんを作りたい」
と。

僕にしか作れないらーめんが作りたい。
僕だからこそ作れるお客様の笑顔に出会いたい。

海辺の町で、当時の会社の都合で
僕がらーめん屋に立たなくなったら、
会社からは「お前以外でもどうにかなる」と
無用の烙印を押された。

確かにそうなのだろう。

僕の作り上げたらーめんは、
もう僕以外の人が作っても
きっと何も変わらない。

でも、それ以上もない。

僕はずっと自分を進化させたいと
思っていた。
一定の売上を出した途端、
『下積み禁止』という『社是』を出し、
僕に鉄板焼き屋や居酒屋をやらせようとした
会社は、僕かららーめんを奪った。

僕はどこで人生を間違えたのか?
と苦しみ続けていた。

そして何度も書いている事だが、
自己破産して当時の会社と縁を切って、
僕は再スタートを切る事にした。

そしてここでやっと本当の自分で
勝負しようと決めた。
そして『丁寧に生きる』と決めた。
そして南部さんと出会い、
ナンブヘアに通い出し、
しょうこちゃんの仕事に触れた。

「僕は自分らしく生きる」

そう思わせてくれたのだ。

今となっては海辺の町での経験と
当時の会社での経験に感謝をしている。
様々な事を経験した事によって、
自分が本当に何を目指したいのかが
ハッキリした。
もし27歳で店を構えた時から
思う存分好きなようにやれていて、
お金も時間も手にしていたら、
僕はもっとダメな男になっていたのでは
ないだろうか?
苦しい時間を過ごしたからこそ、
今こうして真正面から自分の
半生と向き合えているのではないだろうか?

そして、本当の自分の気持ちに気付いた。

「こんなにもらーめんの事が好きだったんだな」

と。
愛以外の何物でもない。

以下、次回に続きます。

*写真は
ガルバンゾと豚肉のジプシー風煮込み』
です。
らーめん屋だからなのか?
煮込み料理が好きですし、
得意です。