読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金澤流麺物語

金澤流麺らーめん南の店長南大祐の独白ブログです。こちらは営業内容やらーめんそのものとは関係のない日常的な話や、店長の趣味格好などを書いていくブログです。

金澤流麺物語 第94回

『半径3メートルのリアリティ』

とは一体なんだろうか?

僕は中学生の頃から
ロックンロールに夢中だった。

当時はバンドブームというのがあり、
カッコイイバンドも
ダセぇバンドも山ほどいた。

ロックンロールの何に魅了
されたのかというと、
その荒々しいビートや
かきならすギターのノイズも
そうだったが、
一番は『メッセージ性』だった。

今でも大好きなのだが、
RCサクセションに『わかってもらえるさ』
という曲がある。
僕が初めて知った時ですでに
10年は以前の曲だったから
中学生の僕には少し刺激の
足りない音に感じたが、
僕はこの曲が好きで好きで
一人でずっと聴いていた。

それはこんな歌詞だった。

こんな歌
聴かせたいと
思っていたのさ

素敵なメロディ
あなたに聴いて欲しくて
ただそれだけで
歌う僕さ

この歌の良さが
いつかきっと君にも
わかってもらえるさ

いつかそんな日になる
僕ら何も間違ってない
もうすぐなんだ

気の合う友達って
たくさんいるのさ
今は気付かないだけ
町ですれ違っただけで
わかる様になるよ

いつか君にも会えるね
嬉しい知らせを
持って行って
あげたいんだ

中学生当時、
僕はみんなと仲良くしてたけど、
本当に心を開いて付き合える
友達がいなかった。

誰かとロックの話や
好きな女の子の相談を
したかったけど、
誰にも言えなかったから
ラグビー部の練習が終わったら
すぐに家に帰ってロックばっかり
聴いていた。

そんな時にこの曲に出会って
いつか僕にも親友が出来るかなぁ・・・
と夢想したりしていた。

今では親友と呼べる友達が
ずいぶんたくさんいる。
心で繋がっていると思える友達が
本当にたくさんいてくれている。

僕は幸せだなと思うし、
中学生の頃、一人で勉強机に突っ伏して
ヘッドフォンでRCサクセション
聴いていた自分の肩にそっと
毛布をかけてあげたい気持ちになる。

RCサクセションの『わかってもらえるさ』は
間違いなく当時の僕にとって
『半径3メートルのリアリティ』だった。

そうした手に取る事の出来そうな
距離にあって共感できるものが
『半径3メートルのリアリティ』
だと僕は考えている。

そうしたリアリティを感じさせる
店を作る事が大事なのではないかと
僕は考えている。

RCサクセション 『君が僕を知っている』

*この曲も最高です。
僕の大切な友達が何かあったとしても、
僕はずっと友達です。
また会えた時にくだらないこと
いっぱいやって笑わせてやろうと思います。