読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金澤流麺物語

金澤流麺らーめん南の店長南大祐の独白ブログです。こちらは営業内容やらーめんそのものとは関係のない日常的な話や、店長の趣味格好などを書いていくブログです。

金澤流麺物語 第89回

海辺の町から金沢に引越をしてきて
早4ヶ月たった。
日々の引越屋でのバイトと開業準備への
動きで結局自転車にはそれほど乗れていない。

金沢に帰って来てから本格的に
ダイエットを行っている。
だから引越屋での仕事が休みの日は
なるべくみっちりとエクササイズを
する様にしている。
しかし次から次へと入ってくる予定を
優先的にスケジュールを組むと、
エクササイズする時間は限られてくる。
当たり前だ。
僕はエクササイズするために日々を
過ごしているのではなく、
らーめん屋として再起するために
過ごしているのだから。
だから限られた時間でなるべく
強度を高めたトレーニングを行いたい。
すると自転車に乗りなれてくると、
一時間や二時間では物足りなくなってくる。
だからどうしても筋トレとランニングが
中心になってくる。

自転車に乗るなら半日は自転車の為だけに
時間を使いたいと思ってしまう。

そんな事を考えていると
どうしても自転車に乗る機会が減ってくる。

それでも晴れた日に広い国道や
山へと向かう産業道路
目一杯ペダルを踏み込む事を想像すると、
心が沸きたつ思いに駆られる。

チェーンが回転する音。
タイヤと路面の摩擦音。
どんどん上がってくる心拍数と
自分の激しい呼吸音。
追い越していくトラックの排気音が
遠ざかり、風が木々の葉を揺らす
音が代わりに耳に飛び込んでくる。

その瞬間、全くもって思考回路は中断し、
ただただペダルを踏む事に集中する。

まさに生きている。
生命の躍動がそこにはある。
より速く。
より強く。
より苦しく。

そしてより味わったことのない快感を。

自転車は幼い日の冒険心を
呼び起こしてくれるのだ。
疑いようのない自由がそこにはある。

最近ロードバイクには全然乗れていない。
でもダイエットは順調に進み、
5か月で20キロ減量できた。
らーめん屋が開店するまでに
もう少し痩せていたい。

今朝体重を計ったら78.6㌔だった。
せめて72㌔まで落として
その後は72㌔を保ちながら
脂肪を落として筋力を向上させたいと
考えている。

そこまで痩せる事が出来たら、
死に物狂いで登った手取川ダムへの
ヒルクライムも少しは楽に
なっているのではないだろうか?

出来たら真夏の一番熱い日に登りたい。
全身から水を浴びる様に汗をかいて、
生きている実感を味わいたい。

そしてこのブログで手取川ライドを
報告しますね。

その頃にはもう新しい金沢での
店は始まってるかな・・・。

今年は色々な事が楽しみです。

いつも読んでくれてありがとうございます。

ブログ用201601101リベルタ号

これが普段一番乗ってる愛車『フィエスタ デ リベルタ号』
長ったらしいので『リベルタ号』

1443345820297バラクーダとみかん

これがもう一つの愛車。
『エル エスケレート号』
ロングライドはこれです。
ブログ用20160110ラブランカ

これが今現在修理しないと乗れない状態の『ボニ―タ号』
なぜ乗れないかは、海辺の町のバー『bar134』の
オーナーと常連の皆様に聞いてください。。。。