金澤流麺物語

金澤流麺らーめん南の店長南大祐の独白ブログです。こちらは営業内容やらーめんそのものとは関係のない日常的な話や、店長の趣味格好などを書いていくブログです。

金澤流麺物語 第74回

社員になってほしいと期待した
人材が辞めていくたびに、
僕は執拗に会社から責め立てられた。

「お前に人間性がないからだ!
お前がハードコア過ぎるからだ!」

と責め立てられ続け、
僕も自分自身を否定するようになった。

だが辞めて行ったスタッフ達は
ほとんどがその後も何度も店に
来てくれて、時には一緒に食事もした。
そして僕への感謝も口にしてくれた。
僕はその言葉とみんなに
たくさん癒されて励まされてきた。

一介の雇われ店長という立場では
会社の体質を変えることなんて
出来なかった。

それでも僕が「幸運だったな」
と思っている事は、
拙いながらも会社の会計の仕事を
やらせて貰えていた事だった。
だから何が原因で社員の雇用条件が
良くならないかが手に取る様に解った。
そして行政書士、弁護士、会計士の
方に相談に行ったりするのも、
税務署に税金の支払いの相談に行くのも
僕の役目だった。

そのたびに先生方から会社の問題点を
指摘された。
それの一つ一つが僕の勉強になった。

だから自分が店を一人でやるなら、
こう言う事をしよう・・・という
ビジョンがその時から少しずつ
ではあるがイメージが膨らみつつあった。

もし僕が現場しか経験していなかったら、
具体的なアイデアなんて湧かなかっただろう。
だから本当に大変な時期だったが、
今となっては感謝をしている。

いつかまた「南さんと働きたい!」
と言ってくれる若者と出会いたいと
思っている。
その日が来たら、
目一杯夢を見せてあげたいと
思っている。

後は僕が夢を見せられるような
人物になるだけだ。
まだまだ心に後遺症を抱える
今の僕にはハードルは高い話だが、
僕は絶対にそんな人物になると
決めている。
後は覚悟を決めてやるだけだ。

人に憧れてもらうためには、
・カッコイイ
・キレイ(清潔)
・稼げる
という新しい3Kが必要だと思う。

そのどれもが今までの僕だったら
足りない物ばかりだ。

だから僕は自分の
生き方から変えていきたい。

丁寧に生きたい。
もっと勉強をしたい。
感受性を強く持っていたい。
健康な体と心を手に入れたい。

他人を変える事は出来ないが、
自分と未来なら変えられるし、
望んだ未来を手に入れられると
信じている。

そのためには
『今の自分』
を変えていくしかない。

この先はこれからの仕事で
このブログを読んでくださって
いる皆さんに証明をしていきたい。

哲学編、次回で最終回です。

*写真はみたらし団子が好きすぎる僕です。